神経障害性疼痛の改善方法【ストレスからくる痛みとさよなら】

痛みには色々ある

頭を押さえる女性

神経障害性疼痛は最近になり、症状として認識され始めてきました。しかし、まだまだ、取り扱う病院は少なく様々な要因が重なり、診断しづらいため、自分の症状や痛みが起きる前にどのようなことがあったのかを医師にしっかりと伝えることが重要です。そうすれば、きちんとした治療を受けることができます。

» 詳細

痛みへの対処法

医者

神経障害性疼痛などの痛みは、病院で心理療法を受けることで改善することがあります。痛みは継続すると治りにくくなることから、出来るだけ早く対処をするのがコツです。心理的な面からもアプローチすることで、悪循環に陥るのを防ぐことが出来ます。

» 詳細

神経痛が起こる疾患

女医と看護師

神経障害性疼痛とは神経が異常に興奮して起こる、ヒリヒリ、チクチクとした神経の痛みです。現在発症の原因は明確にはされていませんが、精神的ストレスによる免疫機能の低下が主な原因と考えられています。病院での神経障害性疼痛の治療は薬物療法が基本となります。

» 詳細

体の痛み

女の人

神経障害性疼痛とは病気や怪我などが原因、きっかけで起きる痛みのことであるが、人によってはストレスが原因で起きることもある。我慢して放置しておくと痛みが続き、慢性化してしまうこともあるため早めに心療内科など病院を受診する必要がある。

» 詳細

診療の流れ

医者と看護師

神経障害性疼痛とは病気や怪我、心因的なものが原因で神経に障害が起きて痛みや痺れなどの苦痛を感じることです。クリニックや整形外科を受診しますが、病院に行く前に一度症状をメモしておくと問診の時にスムーズに説明できます。治療を始めたら自分なりの目標を掲げ、日々症状をメモすると治療に役立ちます。

» 詳細

神経痛に関する基礎知識

女の人

傷や打撲の痛みとは別種

打撲や骨折、切り傷などを負ったとき、人は痛みを覚えます。痛みは多くの場合つらく耐え難いものですが、その一方で自分の身体の状態を知るための重要なサインでもあります。つまり筋肉や骨や血管などに故障が生じているとき、痛みという形でその故障が脳に伝わることによって、身体のどの部分を修復すればよいかが分かるというわけです。適切な治療によって患部が治癒すれば、痛みも自然に治まります。ただ、中にはこれとは少々異なるメカニズムで発生するタイプの痛みもあります。それは、身体の故障を脳に伝達すべき神経組織そのものに故障が生じている場合に起こります。このようなタイプの痛みを、神経障害性疼痛といいます。神経障害性疼痛には原因が分かっているものとそうでないものとがあります。原因が分かっているものとしては、関節の変形やヘルニアなどによって近くを走る神経が圧迫されているというケースがあります。糖尿病など他の病気によって神経組織が損傷している場合もこれに該当します。それぞれの原因に応じて病院の診療科が異なるので注意が必要です。

最近では専門の治療薬も

神経障害性疼痛は通常の痛みとは発症原理が異なるため、市販の鎮痛薬がほとんど効かないという特徴があります。ただし現在ではこの症状に特化した治療薬も開発され、保険適用も受けているため、今後は改善率が高まるものと予測されています。神経障害性疼痛の治療には病院の何科に行けばいいかというと、まず先に述べたような原因がはっきりしている痛みの場合は、ヘルニアや糖尿病などそれぞれの疾病治療を担当する診療科を受診します。痛みだけが先にあって要因が分からない時は、総合病院であれば窓口的役割を果たす内科をまず受診し、その後の指示にしたがって適当な診療科へ向かうという形をとります。難しいのは原因がまったく分からない場合ですが、これについてはストレスなどの心因性のものである可能性が高いと言われています。そのため、度重なるストレスなどに心当たりのある方は、精神科や心療内科など心の病を専門に扱う病院へ足を運ぶとよいでしょう。心因性の病気は、他の医療機関へ出向いても原因不明とされる場合が多いです。特に神経障害性疼痛は専門科がさだめられていないので、思い当たる原因に合わせて受診する医療機関を選択するとよいでしょう。