神経障害性疼痛の改善方法【ストレスからくる痛みとさよなら】

痛みには色々ある

頭を押さえる女性

痛みとは何か

痛みは人間の持つ感覚の中でもバイタルサインと呼ばれる生命活動においてとても重要な感覚です。感触や感覚があるお陰で怪我を未然に防いだり、また、体の異常を察知したりすることができます。ですが、現代人は生活スタイルが大きく変化したこともあり、体に様々な不調を起こし始めています。そのうちの1つに最近よく耳にする神経障害性疼痛というものがあります。腕や腰、足などに痛みを感じ、病院に行き処方された薬を飲んだり湿布などを貼ったり、マッサージを受けてみたりと様々な対処をしてもなかなか改善しない原因不明の痛みのことです。痛みの原因は大きく3つに分けられます。炎症や刺激による痛み、人間関係やストレスから来る痛み、神経が障害され起こる痛みがあります。神経障害性疼痛は複合的な要因により神経に障害がある状態が引き起こされている状態であり、病院にいき診察を受けても原因が非常に分かりづらく、また、神経障害性疼痛を扱う病院以外で診察を受けても病院から処方された薬が効かないことや市販薬でも効果が得られない事が多くあります。神経障害性疼痛は特徴的な痛みや症状があるので基本的な症状を調べ、取り扱う病院を見つけて医師にしっかりと症状を伝えることが大切です。

自分の体と向き合うこと

神経障害性疼痛は慢性的に痛みがあり、腕や足、腰などにビリビリと電気が走るような痛みやジンジンと響くような痛み、チクチク針で刺されているような痛みを感じるという特徴があります。また、痛み以外では感覚が鈍くなったり、発作のように強い痛みが何度も来るなど特異的な症状があります。症状を伝えることも大切なのですが、病院で痛みがいつから起きているのか、痛みが起きる前に何かあったかを思い出し、医師に伝えることも実はとても大切です。痛みを引き起こすきっかけはストレスだけではなく、帯状疱疹や骨折、怪我や事故等の外的要因や抗がん剤や糖尿病など病的要因から来る場合も多くあるため、痛みが起きる前に何があったかを伝えることは診断する上でも大切な情報になります。どのような症状なのかにより薬物ブロック治療により痛みをブロックしたり、運動や温熱療法などリハビリテーションをしていくことで個人に合わせて治療方針をカスタマイズしていくことが可能になります。痛みはそのまま放置してしまうと日常生活にも支障をきたし始めてしまいます。適切な治療により痛みを和らげ、痛みをうまくコントロールしていくことで自分の体と向き合い付き合っていけます。